ホーム 履歴書 プロフィール レパートリー リスト レコーディング K&K+k&aの生活(旧ブログ) Kの舞台裏(新ブログ)





プロフィール


学歴 | 賞暦 | 演奏活動



Wilfried 和樹 Hedenborg (ヴィルフリード 和樹 ヘーデンボルグ), 1977年、オーストリアのザルツブルク、父はスウェーデン人でモーツァルトテウムオーケストラのヴァイオリニスト、母は日本人でピアニストの音楽一家に生まれる。 6歳から、父についてバイオリンを教わる。1989年、 モーツァルテウム国立音楽大学(ザルツブルク)でルッジェーロ・リッチ教授にヴァイオリンを師事。 同大学のバイオリン科を1998年に最高位の成績で卒業。1998年、ウィーン市立音楽大学でヴェルナー・ヒンク教授(ウィーンフィル・コンサートマスター)にヴァイオリンを師事。2002年、同大学のヴァイオリン科を最高位の成績で卒業。 さらに、「トーマス・ブランディス教授」、「ヘルマン・クレバース教授」のマスタークラスを受ける。

1998年からは弦の製造会社「トマスチック・インフェルド」と契約を結び、ヴァイオリンの弦の開発も手がける。 1999年に市場に出た弦「インフェルド・ヴァイオリン」は彼が研究を手がけて完成されたものである。その開発後、新種の弦「ビジョン」と「PI」開発も手がけることになる。 2001年3月にウィーン国立歌劇場オーケストラのオーデションに受かり、メンバーとなる。 2004年より正式にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとなり、現在に至る。 2004 - 2010はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の役員としてライブラリーを担当する。 2006年よりWiener Hofmusikkapelleのメンバーとしても受け入れられる。


コンクール賞歴としては、1993年、「オーストリア青少年音楽コンクール」にて第一位。同時に「ウィーンフィルハーモニカー特別賞」を受賞。 8月に「チボール・ヴァルガ国際コンクール」(スイス)で特別賞を受賞、9月に「パブロ・デ・サラサーテ国際コンクール」(スペイン)で、最年少で、4位を受賞。 1994年、「アルペ・アドリア国際コンクール」(イタリア)で第一位。「コンチェルティーノ・プラガ国際コンクール」(チェコ・プラハ)で第二位。モーツァルテウム夏期国際音楽アカデミー(ザルツブルク)より特別賞を受賞。 1995年、「リッチ国際コンクール」(ドイツ)にて第一位。「ウィーン国際音楽コンクール」(オーストリア)にて特別賞を受賞。 1997年、「タデウス・ヴロインスキー ソロバイオリン国際コンクール」(ポーランド)にて第一位、同時に「ネストレ特別賞」、「EMI特別賞」を受賞。 1998年、モーツァルテウム国立音楽大学より「クリスタ・リヒター・シュタイナー勲章」を受賞。オーストリア連邦省より勲章を受賞。


ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の活動以外に、この地での盛んな室内楽の演奏活動にも、積極的に参加し、ソリストとしても活躍している。



Impressum


このサイトを表示するには Mozilla Firefox 3.5.7./ Safari 5.1.7. 以上をダウンロードして下さい。



Copyright © Wilfried K. Hedenborg